THETA 360.bizを国土交通省九州技術事務所の「災害クラウド(仮)」実証実験に提供

2019.04.09

株式会社リコーは、国土交通省九州技術事務所が一般財団法人日本建設情報総合センターに委託して実施した実証実験において、360°カメラ「RICOH THETA」および、誰でも簡単に360°のコンテンツを作成・活用可能なクラウドサービス「THETA 360.biz」を提供しました。
また、RICOH THETAおよび「災害クラウド(仮)」の使い方講習を九州地方整備局各事務所担当者向けに実施するなど、活用のためのサポートも行いました。

360°カメラ「RICOH THETA」は、空間をワンショットでおさめることができるため、簡単な操作で空間認知に適したコンテンツ作成が可能です。この特長を活かし、現場の状況をRICOH THETAで撮影し、現場から離れた人と共有することで、作業の効率化をはかる事例が増えています。360°のイメージを動的に表示するクラウドサービス「THETA 360.biz」を組み込んだ「災害クラウド(仮)」の活用により、自然災害が起きた際、現場にいない人も360°のイメージを閲覧できるようになります。これにより情報共有の効率化をはかり、より迅速な復旧を支援します。

img

RICOH THETAおよび「災害クラウド(仮)」の使い方講習の様子

リコーはこれまで、不動産業界や観光業界などのプロモーション用途を中心に「THETA 360.biz」を提供してきました。国土交通省九州技術事務所への提供をきっかけとして、社会課題解決に貢献するための取り組みを推進し、活用の場を広げていきます。

※記載の会社名、製品名、サービス名は、各社の商号、商標または登録商標です。

NEWS一覧に戻る